Arduino IDE インストール方法

〔マイコンのトップにもどる〕



こちらのダウンロード先よりダウンロードしてインストールします。

インストール画像1
この上図はダウンロード先の画面でIDEバージョン1.8.0での例です。
各自のPCに合わせたOSの物を選びましょう、ここでは”WINDOWS INSTALLER”での例です。



インストール環境かんきょう:"Windows 10 Home 64bit"

@ ダウンロードされた[arduino-1.8.0-windows.exe]ファイルを実行します。

A ライセンス(使用許可きょか)の画面です、[I Agreどういする]ボタンをクリックします。

インストール画像2


B インストールする物を選択せんたくしますが、ここはこのまま[Nextつぎへ]ボタンをクリックしましょう。

インストール画像3


C インストール先のフォルダーを入力する画面ですが、ここもこのまま[ Install インストール]ボタンをクリック。

インストール画像4


D インストールが始まります、少し待ちましょう。

インストール画像5


E 終わりです、[ Close しゅうりょう]ボタンをクリックしましょう。

インストール画像6


※ USBドライバーは上記のArduinoIDEをインストールした時に一緒いっしょに入るのでインストール操作そうさ
  不要です。

《Arduinoの設定せってい作業》

USB接続せつぞくポートの番号を調べます。

ArduinoボードとパソコンをUSBケーブルで接続せつぞくして置きます

Windows 10
@ PC画面の左下スタートボタン(窓のマークのアイコン)でマウスの右ボタンをクリックします。
A 表示ひょうじされたメニューから[デバイスマネージャー]をクリックします。
  デバイスマネージャーのウインドウ画面が表示されます。

Windows 7
@ は[コントロールパネル]を開き[システムとセキュリティ]をクリックします。
A 「システム」の項目に有る[デバイスマネージャー]をクリックします。
  デバイスマネージャーのウインドウ画面が表示されます。

Windows XP
@ [コントロールパネル]を開き[システム]を起動させます。
A 「ハードウェア」のタブをクリックし、[デバイスマネージャー(D)]をクリックします。
  デバイスマネージャーのウインドウ画面が表示されます。

インストール画像13
ポート(COMとLPT)”左横の>(+)(△)をクリックして展開てんかいします、
"USB Serial Port"のCOM番号を見ます、この例ではCOM4です。


arduino IDEを起動します。

B メニューバーの「Toolsツール」→「Serial Portシリアルポート」→「COM4」をクリックします。
  ここの例ではCOM4ですが、上で調べたポート番号を選びます。
  (最近のIDEはArduinoを接続せつぞくすれば自動で設定せっていされるのでこの操作そうさは不要かもね)

インストール画像14

C 接続せつぞくしたArduinoボードの種類を設定せっていします。
  今回接続せつぞくしたボードは"Arduino Duemilanove 328"ですので、下記となります。
  メニューバーの「Toolsツール」→「 Board マイコンボード」→「Arduino Duemilanove w/ATmega328」をクリックする事に
  なります。(ボードが最新の"Arduino uno"なら"Arduino Uno"を選びますよ)

インストール画像15


arduino IDE 1.6.2の場合 *2)

Arduino IDE 1.6.0以降いこうの場合は少しちがっています。("Arduino Duemilanove 328"での例)

インストール画像16

メニューバーの「ツール」→「ボード」→「Arduino Duemilanove or Diecimila」を選ぶとお
下記図の様に[プロセッサ]項目こうもくがメニューにふえています。

インストール画像17
 ですので、ここから"ATmega328"を更にさらに
 選択せんたくする事になります。

 ちなみに"Arduino Uno"の場合では
 選択せんたくはないので[プロセッサ]項目こうもく
 表示ひょうじされません。



インストールしたらまず動作するか確認かくにんするを実行して見て下さい。


※ 最近は、"Arduino Duemilanove 328"はあまりないので以下の操作は不要ですが
   メモとして残して置きます。

   尚、[C:\Program Files\Arduino\drivers]のフォルダーにドライバー関連は入っているので
   手動でインストールする場合は、このフォルダーを指定すれば良いでしょう。

手動でUSBドライバー(FTDI USB Drivers)のインストールを行います。
(接続するarduinoボードは"Arduino Duemilanove 328"での説明です)

以下はWinowsXPでの説明ですがWindows7の場合は下記の方を参照下さい。

D ArduinoボードとパソコンをUSBケーブルで接続します。
  下図の[新しいハードウェアの検索けんさくウィザード]ウインドウ画面が表示ひょうじされます。

インストール画像3

E ”いいえ、今回は接続しません”を選んで[次へ(N)>]をクリックします。

インストール画像4

F ”一覧または特定の場所から.....”を選んで[次へ(N)>]をクリックします。

インストール画像5

G ”次の場所を含める(O):”をチェックしてから、[参照(R)]をクリックします。

インストール画像6

H フォルダー画面を操作して"C:\Program Files\arduino-0022\drivers"を表示展開させます、
  そこから"FTDI USB Drivers"を選んで[OK]ボタンをクリックします。

インストール画像7

I "C:\Program Files\arduino-0022\drivers\FTDI USB Drivers"が選ばれました、
  [次へ(N)>]をクリックします。
  ドライバーファイルがコピーされインストールされます。

インストール画像8

J おわりです[完了]ボタンをクリックします。

 次のドライバーファイルのインストールを行います。

インストール画像9

K ”いいえ、今回は接続しません”を選んで[次へ(N)>]をクリックします。

インストール画像10

L ”一覧または特定の場所から.....”を選んで[次へ(N)>]をクリックします。

インストール画像11

M ここはこのまま[次へ(N)>]をクリックします。
  ドライバーファイルがコピーされインストールされます。

インストール画像12

N おわりです[完了]ボタンをクリックします。

以上インストール作業がおわりました。


Windows7にUSBドライバーのインストールを行う場合

D ArduinoボードとパソコンをUSBケーブルで接続します。
  そしてぇ、下図の様な画面が表示ひょうじされた場合は

インストール画像13

E 上図の[設定の変更]ボタンをクリックします。
  するとぉ、下図の[デバイスのインストール設定]ウインドウ画面が表示されます。
  この画面の”はい、自動的に実行します”を選んで[変更の保存]ボタンをクリックします。

インストール画像14

F 次にインターネットに接続され、デバイスドライバーが検索けんさくされます、
  そして、ダウンロードされインストールが自動的に実行されます、しばらく待ちましょう。
  終了したら下図画面の様に表示されます。

インストール画像15

G おわりです[閉じる]ボタンをクリックします。
  また、"USB Serial Port"文字右横の(COM3)は覚えておき、下記述の様にArduinoIDEに設定を
  行います。尚、(COM3)の番号は各パソコンによりことなりますよ念のために。

ちなみに、上記 WindowsXP の様にデバイスドライバーの保存場所を指定して手動で行う方法として、
「コントロールパネル」→「ハードウエアとサウンド」→「デバイスマネージャ」を利用する方法もあります。




IDE 1.8.0での見直し 2016/12/30
追加(*2) 2015/03/17
見直し 2012/07/14


【きむ茶工房ガレージハウス】
Copyright (C) 2006-2016 Shigehiro Kimura All Rights Reserved.